地下鉄赤塚|歯科医院 顎関節症 かみ合わせ 小児歯科 矯正歯科 審美歯科 インプラント エトアール歯科クリニック
ホーム > 矯正歯科

矯正歯科

矯正治療は上顎前突(出っ歯)・下顎前突(受け口)・叢生(八重歯、凸凹、乱杭歯)のような問題のある歯並び・かみ合わせを治す治療です。

歯を削ったりかぶせ物をして形を変えるのではなく、歯を動かして正しい位置に移動します。

矯正治療はご自分自身の歯を健全な状態で、その位置を正すことで、美しい歯並び・よいかみ合わせを作りだします。



キレイな歯並びとは?


(1)上顎の前歯が下顎の前歯3分の1から4分の1を覆ってる。(図1参照)
(2)上下の前歯の真ん中の線が一致している。 (図1参照)
(3)鼻と顎の先端を結ぶ線に唇が軽く接する。 (図2参照)

不正咬合のいろいろ


名 称
説 明


叢生
(そうせい)
でこぼこに生えた乱ぐい歯、犬歯が飛び出した八重歯のことを言います。顎に対して歯が大きい、または顎が小さすぎて歯がおさまらないことが原因です。


上顎前突
(じょうがくぜんとつ )
上の歯が出っ張っているいわゆる出っ歯です。


反対咬合
(はんたいこうごう)
一般的には受け口と言われ、上下の咬み合わせが逆になっている状態。


開咬
(かいこう)
奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない、また口が閉じにくい状態。


空隙歯列
(くうげきしれつ)
歯の間の隙間が大きいすきっ歯。


プロフィール

東郷 聡司
今日の歯科治療は予防が主流となっています。
矯正治療により審美的改善は当然、虫歯や歯周病のリスク軽減、咀嚼など機能的な改善を行い、心から笑える口元の獲得を心がけています。



略歴
東京歯科大学 卒業
東京歯科大学水道橋病院口腔外科 レジデント
東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科矯正学専攻)
東京歯科大学歯科矯正学講座 助教
東京歯科大学歯科矯正学講座 臨床講師
矯正歯科マイクリニック 副院長
東京歯科大学歯科矯正学講座 非常勤講師
所属学会・認定医
◇日本矯正歯科学会会員
◇東京矯正歯科学会会員
◇日本顎変形症学会会員
◇日本矯正歯科学会認定医
◇インビザライン認定ドクター
◇インコグニート認定ドクター

子供の矯正について

矯正歯科治療を希望される方へ美しい笑顔が一番! お子さんは、生後6ヶ月頃から乳歯が生え始め、2才頃、生えそろいます。
そして、小学校入学の頃、乳歯の後ろに、最初の永久歯である6才臼歯(第一大臼歯)が生えてきます。続いて前歯、わきの歯などが順番に生え、小学校6年生の頃、12才臼歯(第二大臼歯)がでてきて大人の歯並びが完成です。



しかし、順調に生えそろわず、歯がデコボコ、ガタガタになったり、咬み合わせが悪くて悩んでいる方も多い様です。このようなお悩みを解決するお手伝いをするのが「矯正歯科治療」です。

しかし、せっかくきれいにしようと思っていても、「矯正歯科治療」は痛い、装置が目立つ、時間がかかる、その上費用も・・・、となかなか決心がつかない方もいらっしゃいます。
私達は、治療に対する皆様の不安、疑問に対し、なるべく分かりやすい説明を心がけています。心身ともに健やかな成長をお手伝いするのが、「矯正歯科治療」です。

大人の矯正について

ワイヤーを用いた矯正
まず、一つひとつの歯にブラケットと呼ばれる小さな装置を付けます。次に、それぞれのブラケットをワイヤーで結びます。ワイヤーがブラケットを引っ張ることにより力が発生し、歯が少しずつ移動します。これが、ワイヤーを用いた矯正歯科治療における歯を動かす理論です。 ブラケットは、金属のもの、透明なもの、白いもの、カラフルなものなど、様々なものがあります。



裏側矯正
裏側に矯正装置をつけて、矯正中であることを周りの人に気づかれにくくしています。表側の矯正とほぼ同じ効果をするので、気づかれにくい法が良い方はおすすめな装置です。



マウスピース矯正
マウスピース矯正は、取り外しが可能なので、治療中に万が一むし歯になっても、取り外せます。 また、うすいプラスチックで出来ているので、周囲の人から見ても目立たない矯正装置です。



インビザラインについて

インビザラインは従来の矯正装置と違い、取り外しの可能な矯正装置です。

マウスピースは数週間で別のマウスピースに変更しますので、自己管理も大切な装置とも言えます。

メリット・デメリットがあるので、どれがご自分にあっているのか、歯科医師とご相談ください。



世界的にも認められているインビザライン
インビザラインは現在約100カ国以上の国々で提供され、今までに420万人超の患者さんが治療を受けている矯正治療方法です。(2016年12月現在)



満足度が高いインビザライン



上記の米国大手マーケティング調査会社が2004年4月に225名を対象に実施したアンケート調査結果によりますと、インビザラインによる治療を受けた患者様の87%がインビザラインの治療結果に「非常に」、または「極めて」満足しているとの結果が出ています。
そして、89%の患者様がインビザラインを知人に「間違いなく薦める」「薦める可能性が高い」と答えています。

メリット



上記の米国大手マーケティング調査会社が2004年4月に225名を対象に実施したアンケート調査結果によりますと、インビザラインによる治療を受けた患者様の87%がインビザラインの治療結果に「非常に」、または「極めて」満足しているとの結果が出ています。
そして、89%の患者様がインビザラインを知人に「間違いなく薦める」「薦める可能性が高い」と答えています。

デメリット
症例によっては適応できない場合があります。
装着時間を自分で管理しなくてはなりません。

最新の口腔内3Dスキャナーで型採り
マウスピース型の矯正装置(インビザライン)は、iTero エレメントという装置を用いて光学印象(デジタルな型採り)を行い、採得した口腔内の三次元データを元に作製します。




特徴

嘔吐感が無くより正確です
むし歯の治療などに使われる粘土状の型採りに比べ、嘔吐感が無く、硬化待ちもありません。また、通常の型取りより正確な型採りが可能です。


マウスピース型矯正装置の製作が早い
通常の型取りの場合、空輸でアメリカのアライン・テクノロジー社まで送るため、時間的なロスが生じます。
光学印象は、患者さんのお口の情報を3次元のデジタルデータで即時にアライン・テクノロジー社に送ることが可能です。
通常のやり方に比べ、1〜2週間程度早く矯正装置が完成するので、治療をできるだけ早く開始したいという患者さんに好評です。




エトアール歯科クリニック
〒179-0073 東京都練馬区田柄2-49-8エトアール赤塚2F
03-5967-4182

Copyright (c) Etoile Dental Clinic All Rights Reserved.